お歳暮のマナーについて

お歳暮はお世話になっている方への1年の感謝と今後も変わらぬお付き合いをという意味を込めて年末に贈り物をする昔からの日本の風習です。
お歳暮を贈る際にはマナーを守っておくることで相手に失礼や負担を感じさせず、喜んでいただけることとなります。
まず贈る時期ですが、地域によって多少の違いはありますが、12月初旬から中旬にかけて贈ることが多いです。
年の瀬の忙しい時期に贈ると迷惑になることもあるので気を付けます。また、昔は持参していましたが、現代ではお店から直接宅急便で送ることが多いです。

お歳暮が最近こちらで話題になりました。

住所や名前の漢字を間違わないようにするのも最低限のマナーです。


金額としては相手の負担にならない程度、3000円から5000円で選ぶことが多いです。そして一度贈るとずっと贈ることが通例なので、自分自身でも無理のない金額を設定することが大切です。お歳暮の内容としてはお正月に食べられるような高級菓子や乾物、ビール、お酒などが人気です。


相手の家族構成や状況を考えて贈るのが良いです。
また法人宛に贈ることもありますが、その際は小分けになっているものにすることでみんなで分けられるという配慮をすることが良いです。



品物だけでなく、日ごろの感謝などをつづったメッセージを付けると更に心がつたわるものです。



相手を思いながら選ぶお歳暮は楽しいものです。


その時の状況や世の中の流れを把握して商品の知識や情報を集めておくと良い品物に出会えるはずです。