木造住宅の外壁塗装について

伝統的な日本の住宅では、木の色に近い茶色系の外壁塗装が人気です。


茶色は汚れも目立ちにくいので長く使えます。



通常の住宅は薄めの茶色を使いますが、和風が強い住宅は濃い目の法が本格的な雰囲気になります。



日本の伝統的な住宅の特徴として、湿気による伸縮性があることや木目によって強度が違うことなどがあります。

木は加工を施さなくても調湿機能が備わっている優れた材料です。


木目を利用すれば強度を上げて丈夫な家が完成します。

一方で火災に弱いというデメリットもあるため、外壁塗装では住宅の特徴を活かした塗料を使わなければなりません。

木目を残して塗装するのが主流です。



天然樹脂塗料は木材に優しいので、外壁塗装だけでなく内装にも使えます。
漆やカシュー塗料、セラミック樹脂塗料などの種類があり、全て天然の素材が原料です。シックハウス症候群を予防するものも販売されているため、健康をいたわることもできます。

ウレタン樹脂塗料は耐久性が高いという理由で用いられます。

伝統的な日本住宅の中には、祖父母から受け継ぐなど築年数が長いものがあります。
耐久性の高さは住宅にとっては重要な要素で、光沢が出てきれいに見えることもウレタン樹脂塗料を選ぶポイントとなっています。


シリコン樹脂塗料は、高温でもあまり変色しないので木造に適した塗料です。


シックハウス症候群を予防する効果もあります。

耐久性は比較的高く価格が安いので、利用する人が増えています。